アクセス
お問合せ
サイト内検索
 HOME > 経営力向上 > 経営・資金 > 消費税軽減税率・転嫁対策事業
消費税軽減税率・転嫁対策事業

 平成26年4月1日から、消費税が8%に引き上げられました。
 また、さらなる消費税の引き上げと同時にその一部を8%に据え置く消費税軽減税率制度が導入される予定です。
 そこで、本セミナーを通し、消費税法の改正について理解を深めていただくと共に軽減税率・価格転嫁の対応のため、7回に分けて東海税理士会豊橋支部の協力のもと実施いたします。

◆第3回セミナー 軽減税率及び適格請求書方式の導入の影響と対策◆
 消費税10%への引き上げ時期(平成31年10月1日)に併せて食品等に軽減税率を適用し、その3年後には適格請求書保存方式が実施される予定です。
 本セミナーでは、軽減税率の対象範囲、標準税率と軽減税率の区分に関する経過措置、適格請求書保存方式の内容と導入後の免税事業者等からの課税仕入れに対する経過措置などについて、課税事業者と免税事業者の立場からどのように対応していくかの留意点を中心に解説します。

◆第4回セミナー 国際取引を巡る消費税の取扱の留意点◆
 国際間の取引は多様化、複雑化しており、また、平成27年度の改正で国外事業者による事業者向け電気通信利用役務の提供及び芸能スポーツ役務の提供にリバースチャージ方式が導入され、国際取引の消費税の実務は複雑さを増しています。
 本セミナーでは、思いがけない形で関係する国際取引の内外判定、輸出、輸入、課税仕入れなどの基本的な消費税の取扱いを開設するほか、リバースチャージ方式の対象となる取引の具体的な範囲及び留意点を解説します。

日時

  平成28年9月13日(火) 【第3回】午後1時〜3時、【第4回】午後3時15分〜5時15分

会場

  ホテルアソシア豊橋 5階 ザ・ボールルーム

講師 東海税理士会小牧支部(上杉秀文税理士事務所所長)税理士 上杉 秀文 氏


  国税庁消費税課課長補佐、名古屋国税局消費税課長、

  尾張瀬戸、富山、昭和の各税務署長を経て平成11年退官、

  同年税理士開業、平成17年から名古屋学院大学大学院客員教授。

 【主な著書】
 「消費税の課否判定と仕訳処理」「国際取引の消費税QA」「例解実務ガイド消費税法」などがある。
 (いずれも税務研究会出版局)

受講料

  無料

定員

  200名【限定】

参加対象

  一般事業者・税理士(東海税理士会認定研修会)

その他

  個別相談会も同時開催いたします
  場所 ホテルアソシア豊橋 5階 ザボールルーム
申込

  第3回セミナー(軽減税率及び適格請求書方式の導入の影響と対策)こちらから申込ください

  第4回セミナー(国際取引を巡る消費税の取扱の留意点)こちらから申込ください

申込確認等について

  当所から申込確認書などはお送りいたしません。
  (受講票の発行、メールでの返信もございません)
  申込をされた方は当日、直接会場までお越しください。

お問合せ先

  豊橋商工会議所 消費税軽減税率・転嫁対策相談窓口