補助金・行政情報

小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・ものづくり補助金 等

[2020-04-28]

小規模事業者持続化補助金とは?

 

○小規模事業者が販路開拓を進める際の様々な経費に対し、2/3(上限50万円)の補助が受けられます。

○補助対象経費の一例として、店舗改装費、チラシ作成費、ホームページ作成費、機械設備購入費 などがあります。

○申請には綿密な事業計画書が必要で、全国から集まる申請書が審査され、採択された場合のみ補助金が交付されます。

 

申請手続の手順は?

 

 ①ご自身の事業所が小規模事者に該当するか確認する

  製造業等:法人・個人問わず常時雇用する従業員数20名以下

  サービス業、小売業等:法人・個人問わず常時雇用する従業員数5名以下

  ※詳細は公募要領をご覧ください。

 ②以下のページより公募要領や記載例を確認し、申請様式をダウンロード

 ③申請書(計画書)を作成し、最寄りの商工会議所に提出

 ④最寄り商工会議所より「様式4 事業支援計画書」の発行を受け、

  決算書、書類を記録したCD等の必要書類とともに日本商工会議所に郵送

 ⑤約2か月後、交付決定通知書が届いたら、補助対象事業を開始

 ⑥日本商工会議所に実績報告をし、補助金の交付を受ける

 

   小規模事業者持続化補助金公式ページ(日本商工会議所)

   ※豊橋商工会議所では、申請書の作成アドバイスを行っております。まずはお電話でご相談ください。

 

《新着情報》

小規模事業者持続化補助金〈コロナ特別対応型〉の公募が始まりました。

 ◎第1回受付締切:2020年5月15日 郵送必着

 ◎第2回受付締切:2020年6月5日 郵送必着

 

 以下上記小規模事業者持続化補助金との大きな相違点

 ○補助上限100万円、(補助率2/3)

 ○補助対象経費の1/6以上が以下に合致する投資であること

  A:サプライチェーン毀損への対応

   (顧客への製品供給を維持するために必要な設備投資や製品開発を行うこと)

  B:非対面型ビジネスモデルへの転換

   (非対面・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設備・システム投資を行うこと)

  C:テレワーク環境の整備

   (従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること)

 ○2020年2月18日以降に発生した経費を遡って補助対象経費にできる

 ○即時交付制度あり(審査後、交付決定額の5割を支払う制度。共同申請では利用不可)

 ○申請書類の簡略化

 

 詳細情報・最新情報は小規模事業者持続化補助金〈コロナ特別対応型〉HP にてご確認ください。

 

 

 

IT導入補助金とは?

 

○中小企業・小規模事業者等の皆様が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助する

 ことで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

○様々な業種・組織形態に対応し、費用の1/2最大450万円を補助。

 ※令和2年度補正予算の特別枠においては補助率2/3、ハードも対象となっています。

申請手続の手順は?

 

○IT導入支援事業者(ITベンダー・サービス事業者)より申請・手続きをサポートを受けることができます。

 導入支援事業者は当補助金の登録事業者が対象となります。

 「IT導入補助金2020」 より手続きをお願いします。

 

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(ものづくり補助金)とは?

 

○中小企業等による生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスに改善を行うための

 設備投資を支援する補助金です。

○対象:中小企業・小規模事業者 等 補助上限:原則1,000万円 補助率:中小1/2、小規模2/3

 ※令和2年度補正予算における特別枠においては補助率が2/3となります

申請手続の手順は?

 

○申請方法は、インターネットを利用した「電子申請」となります。電子申請システムを利用するためには、

 事前に「GビスIDプライムアカウント」の取得が必要です。「GビスIDプライムアカウント」を持ち出ない

 事業者の方は、最初にGビズIDの取得申請をお願いします。

 「ものづくり補助金総合サイト」 より手続きをお願いします。

 


TOP