セミナー

セミナー

(経済講演会)ウィズ/アフターコロナ ニューノーマル時代の小売・飲食店のDX戦略

主催:豊橋商工会議所 協力:豊橋商工会議所 IT導入支援委員会・一社)豊橋コンベンション協会

開催要領

開催日時
2022年3月2日(水)14:00~15:30
会場
豊橋商工会議所9Fホール
対象
飲食・小売店・関連事業者様、サービス関連業者他中小事業者様
講師
小田島 春樹(Haruki Odajima):有限会社ゑびや 代表取締役社長/株式会社EBILAB 代表取締役

プロフィール

〇ご経歴
・1985年、北海道生まれ
・10代の頃から自身で輸入業やECビジネスを手掛け、大学ではマーケティングと会計学を専攻
 大学卒業後、ソフトバンク株式会社にて組織人事や新規事業・営業企画を担当
・2012年 妻の実家が営む「有限会社ゑびや」に入社。店長、専務を経て、
       現在は有限会社ゑびやと株式会社EBILABの代表取締役社長を務める
・2016年 地域の課題解決を研究テーマに三重大学地域イノベーション学研究科の博士課程へ進学
・2018年 同大学院における研究テーマの社会実装を行なう為、サービス業向け
       データ解析サービスプロダクトを手掛ける株式会社EBILABを設立
・2019年 三重大学地域イノベーション学研究科の博士課程を単位取得退学、引続き論文を執筆中

〇受賞歴
・2018年&2020年 Microsoft MVP 2回連続受賞
・2019年 船井財団グレートカンパニーアワード2019「ユニークビジネスモデル賞」受賞
・2020年 第3回日本サービス大賞「地域創生大臣賞」受賞
 など多数受賞

募集人数
90名(先着順)

『ウィズ/アフターコロナ ニューノーマル時代の小売・飲食店のDX戦略』_______________________________________________________________

伊勢神宮おひざ元の老舗食堂がDX活用で経営を再建。7年間で売上5倍・利益10倍を実現

~DXとデータ経営に学ぶ 企業と人を元気にする変革ストーリー____________________________________________________________

 

創業約150年、伊勢神宮のお膝元で飲食店を経営する㈲ゑびや。

小田島氏はゑびやの代表になるとまもなく、地方の観光地の厳しい現状を目の当たりにし、AIや機械学習による店舗運営を実践しながら、的中率90%以上を誇る来店・注文予測システムを開発。同システムは、来店予測AI、発注・在庫管理の自動化、ロスカットなど店舗運営面だけでなく、労働時間削減等働き方改革による従業員満足に貢献するものとして多くのメディアに取り上げられている。

 

AI・自動化などDXを経営に取り入れたことで社員数をほぼ入社当時のままで人員を増やさず社員1人あたりの売上5倍を7年間で達成。2018年ゑびやのシステム部門を分社化し、㈱EBILABを設立し、システムのサービス化を他の事業者へ提供するコンサルタントも行い、多くの企業での経営の見える化に貢献中。

 

現在進行形で「地方創生」、「生産性向上」、「DX」を推進する新進気鋭の小田島社長が、コロナ感染禍での経験を通し、今後のウィズ/アフターコロナのニューノーマル時代での小売・飲食店経営について熱く語ります。

DX活用の経営戦略はあらゆる業種の皆様のご参考になるかと思いますので、奮ってご参加下さい。
 

申込方法:上記チラシに掲載のQRコードまたはこちらで申込サイトにアクセスしお申込み下さい。

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

豊橋商工会議所 企画振興課
豊橋市花田町字石塚42-1
TEL:0532-53-7211 FAX:0532-53-7210
TOP