JANコード申請

POSシステムや在庫管理、受発注業務など、
流通業者に欠かせない「JANコード」の新規登録・更新申請を受け付けています。

バーコードとJANコード

バーコードとは、「数字や文字で構成された情報(=コード)」を、バーコードリーダーなどの機械で読み取れるよう、太さの異なるバーとスペースを組み合わせて表示したものです。

流通業界では、JANコードをバーコードの形で商品パッケージ等に表示し、POSシステムをはじめ、受発注、検品、棚卸、在庫管理システムなどに利用され、国際的な「共通商品コード」として情報システム化の基盤となっています。

最近では、ネット通販や道の駅、直売所、公共料金など、利用範囲が拡大しています。

GS1事業者コードとは?

JANコードには標準タイプ(13桁)と、小さな商品用の短縮タイプ(8桁)があります。GS1事業者コードとは、JANコードのうち先頭の7桁または9桁(標準)、および6桁(短縮)の事業者を識別するコードのことをいいます。よって、JANコードを利用するには、GS1事業所コードの貸与を受けるための申請が必要です。

詳細は、一般財団法人流通システム開発センター(外部サイト)をご覧ください。

新規登録申請について

JANコードを利用するにはGS1事業者コードの登録申請が必要です。
下段の図のいずれかの申請方法をお選びいただき、登録手続きを進めてください。
登録が完了後、商品にバーコードを表示し、出荷へと移っていただけます。

申請後、登録内容(事業者名、住所、担当者等)の変更が生じたときは、必ず変更の手続きを行ってください。

登録申請書による申請

STEP1
登録申請書の記入
商工会議所1F受付窓口で無料配布しております「はじめてのバーコードガイド(新規登録用)」の巻末にある登録申請書に記入してください。
STEP2
登録申請料の支払
登録申請料を指定の口座にお振込ください。
登録申請料は、申請者の年商などに応じて決まります。
STEP3
登録申請書の提出
登録申請書を商工会議所か流通システム開発センターにご提出(郵送・持参)ください。
STEP4
登録通知書の到着(登録完了)
入金が確認でき、申請内容に不備がなければ、約2週間でGS1事業者コードが記載された登録通知書が郵送で届きます。

インターネットによる申請

STEP1
Eメールアドレスの登録
パソコンからhttps://gcp.dsri.jp/register/emailにアクセスして、Eメールアドレスを登録してください。スマートフォン、タブレット端末からは申請できません。
STEP2
申請フォームの入力
送信されたメールに記載されたURLにアクセスし、必要事項を入力してください。
STEP3
登録申請料の支払
登録申請料をお支払いください。
登録申請料は、申請者の年商などに応じて決まります。
STEP4
登録通知書の到着(登録完了)
入金が確認でき、申請内容に不備がなければ、約1週間でGS1事業者コードが記載された登録通知書が郵送で届きます。

更新申請について

GS1事業者コードは3年ごとに更新が必要です。更新手続きを行わないとコードが取り消されます。
流通システム開発センターから登録事業者へ有効期限の約2ヶ月前に「GS1事業者コード更新申請書」または、「更新・返還手続きのご案内」等が送付されます。更新申請書による用紙申請、またはネットによる更新申請のいずれかを選択し、更新手続きをしてください。

ネットによる更新申請はコチラ

一般財団法人流通システム開発センター(外部サイト)

お問合せ先

一般財団法人流通システム開発センター

GS1事業者コード担当 TEL:03-5414-8511
TOP